沖縄盆栽、南国風観葉植物の販売             沖縄のティダ太陽をいっぱいに浴びた沖縄盆栽、南国風観葉植物の販売 
ハイビスカス 沖縄直売 通販 販売
ホーム | 癒しの観葉植物(中鉢) > ハイビスカス癒しの観葉植物(中鉢)【珍品】斑入りハイビスカス クーペリー
商品詳細

癒しの観葉植物(中鉢)【珍品】斑入りハイビスカス クーペリー[観葉植物(中鉢)【珍品】斑入りハイビスカス クーペリー]

販売価格: 3,500円 (税込)
[在庫なし]
希望小売価格: 5,000円

 

沖縄、南国の代表格的な植物ハイビスカス。沖縄の風景には欠かせないものです。珍しい斑入りハイビスカスの中でもさらに入手困難な、美しい葉色も楽しめるハイビスカス クーペリーです。赤い花をつけます。非常に丈夫で育てやすい植物です。

沖縄のエメラルドグリーンの海から打ち上げられた、南国の太陽光線と潮の香りをたっぷりと含んだ珊瑚のかけらを上に敷き詰めました。普段の生活の中で大好きなオキナワを楽しめる逸品です。
 
(分類)アオイ フヨウ属 非耐寒性常緑中低木
(原産) 中国南部、インド諸島、ハワイ諸島、マスカレン諸島などの世界の熱帯・亜熱帯
 
■商品サイズ   高さ56センチ (鉢の高さは含まない)  
■鉢+受皿     高さ12センチ   材質:プラスチック
■送料サイズ   140
■送料          詳細はコチラ
 
■育て方
 水やりは、乾いてきたらたっぷりと与えてください。あまりやるすぎると葉ばかり茂って花が咲かないことがあるので注意しましょう。冬、花のない時期は、とかく忘れがちですが春の開花のためにしっかり管理しましょう。9月下旬頃、伸びた枝を全体の半分くらいに切り戻して下さい。つぎの年、新しい枝に花がつきます。新しい枝を伸ばすため伸びた枝は、必ず切り戻して下さい。せっかく大きくなったのにもったいない気がしますが思い切って切ったほうが新芽がよく伸びます。根詰まり防止しのため6月頃一回り大きな鉢に植え替えましょう。開花期は10日に1回、液体肥料を施すか、月1回市販の化成肥料を施します。冬新芽が出ていない間は施さずにおきます。新芽が出てからは、月1回市販の化成肥料を施します。アブラムシ、ハダニの発生に注意。


 
■置場所
11から5月は室内のできるだけ日当たりのよい所に置きます。6から10月は戸外のできるだけ日当たりのよい所に置きます。日光不足は、花蕾が落ちる原因になります。しかし真夏は、ハイビスカスにとって暑すぎるのでなるべく風通しのよい涼しい所へ置いて下さい。

 
■温度
3℃以下にならなければ冬越しが可能です。日本でも一部の地域では戸外でも冬越しします。しかし、ほとんどの地域では戸外では冬越しできませんので室内で管理して下さい。寒さにだけは弱いので冬は室内に入れるのをお忘れなく。
 
 
※植物は生き物のため日々成長します。樹形・仕立て方・樹高等が多少写真と異なる場合がございます。また、パソコンの設定により色が多少異なる場合がございますことを予めご了承下さいませ。
 
※育て方などについて、わからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お問い合わせはコチラ
 

 

他の写真
鉢の色は、黒、白、赤、黄緑よりお選び頂けます。鉢色変更を希望の際は、ご購入時に備考欄にご希望の色をご記入下さい。