沖縄盆栽、南国風観葉植物の販売             沖縄のティダ太陽をいっぱいに浴びた沖縄盆栽、南国風観葉植物の販売 
ホーム | 癒しの観葉植物(中鉢) > ブーゲンビリア癒しの観葉植物(中鉢) ブーゲンビリア
商品詳細

癒しの観葉植物(中鉢) ブーゲンビリア[癒しの観葉植物(中鉢) ブーゲンビリア]

販売価格: 6,000円 (税込)
[在庫なし]
希望小売価格: 8,000円

 

沖縄、南国の代表格的な植物ブーゲンビリア。沖縄の風景には欠かせないものです。剪定に強く育ちやすい、非常に強い植物です。ブーゲンビリアと言えば鮮烈な美しい花びらという印象ですが、ブーゲンビリアには花びらがなく、花びらに見えるのは包です。包から小さな花のようなものが突起していますが、これは花の萼(がく)です。 刺がありますので手入れの際にはご注意下さい。

一番人気の鮮やかピンクです。

沖縄のエメラルドグリーンの海から打ち上げられた、南国の太陽光線と潮の香りをたっぷりと含んだ珊瑚のかけらを上に敷き詰めました。普段の生活の中で大好きなオキナワを楽しめる逸品です。

 
(分類)オシロイバナ イカダカズラ属の つる性低木
(原産) 中南米
 
 
 
■商品サイズ    外鉢を含む高さ 約80センチ
■送料サイズ   160
■送料          詳細はコチラ
 
■育て方
生育期の春から秋は、鉢土の表面が乾けばたっぷりと与えます。生育期はよく水を吸い上げますので、水切れには注意してください。秋の最低温度が20度を下回ってくるとだんだん水を吸い上げなくなりますので、徐々に水やり回数を減らしていきます。真冬は鉢土の表面が乾いてから与えるようにします。真冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。2、3年に1度は植え替えをします。鉢の底から根が出て根詰まりすると花つきも悪くなるので注意してください。時期は5月から6月頃に行うのが理想的です。暖かい地域では庭植えが可能です。
 
■置場所
ブーゲンビリアは日当たりを好みますので、年間を通じて日当たりのよい所に置きます。しかし、日本の真夏は暑過ぎるので、戸外の明るく涼しい所に置きます。最低温度が10度を下回る秋になれば室内のできるだけ日当たりのよい場所に置きます。冬は最低温度4度以上で管理します。暖地では戸外で越冬が可能です。
 
■温度
冬は最低温度4度以上で管理します。 
 
※植物は生き物のため日々成長します。樹形・仕立て方・樹高等が多少写真と異なる場合がございます。また、パソコンの設定により色が多少異なる場合がございますことを予めご了承下さいませ。
 
※育て方などについて、わからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お問い合わせはコチラ
 
他の写真