沖縄盆栽、南国風観葉植物の販売             沖縄のティダ太陽をいっぱいに浴びた沖縄盆栽、南国風観葉植物の販売 
ホーム | お手軽 南国盆栽(中鉢) > ユウナ(オオハマボウ・黄金の花)お手軽盆栽 ユウナ(オオハマボウ・黄金の花)―1
商品詳細

お手軽盆栽 ユウナ(オオハマボウ・黄金の花)―1[お手軽盆栽 ユウナ―1]

販売価格: 15,000円 (税込)
[在庫なし]

 

琉球列島の代表的な植物で、沖縄の風景には欠かせないものです。沖縄、奄美地方では通称ユウナ、[黄金の花]とも呼び、縁起の良い植物として親しまれています。丸っこい花をつけ、花色は、咲き始めは黄色、日が経つとオレンジ色・赤色になり色の変化も楽しめます。葉はハート形で、基部の両側が重なって、ほとんど円形に近くなります。海岸の防風林、防砂林として利用されたり、街路樹や公園に植えられることも多い。丈夫で育てやすい植物です。

幹の部分に、年数を重ねたことで出来た味わいのある舎利(※)が見られます。海岸の岩場に生えていた樹齢50年程のユウナを手塩にかけて育てあげた盆栽です。厳しい環境でこそ生まれる趣のある木肌は、非常に魅力的です。

※枝や幹の一部分が枯れることによって、樹皮が剥がれ白色の木質部分が剥き出しになることがある。こうなった部分を、枝で起こったものを神(ジン)、幹で起こったものを舎利(シャリ)と呼ぶ。自然に起こるものだが、盆栽では彫刻刀などで削り人為的に作り出すという技法がある。主に真柏などの松柏に行うが、梅などにも施すことがある。

 

沖縄のエメラルドグリーンの海から打ち上げられた、南国の太陽光線と潮の香りをたっぷりと含んだ珊瑚のかけらを上に敷き詰めました。普段の生活の中で大好きなオキナワを楽しめる逸品です。

 
(分類)アオイ科フヨウ属の常緑高木
(原産)琉球列島以南
の亜熱帯〜熱帯地域に分布
 
■商品サイズ   高さ45センチ (鉢の高さは含まない)   幹の幅10センチ
■鉢          高さ11センチ   材質:陶器
■送料サイズ   140
■送料          詳細はコチラ
 
 
■育て方
鉢土の表面が乾いたときに水をたっぷりと与えます。鉢の底から根が出て根詰まりすると成長しにくいので、成長させたい場合は、4月から5月頃に鉢変えをすると良いでしょう。 
 
■置場所
日当たりを好みますので、年間を通じて日当たりのよい所に置きます。最低気温が10度を下回る時期になったら、室内のできるだけ日当たりのよい場所に置きます。
 
■温度
冬は10度以上で管理するのが理想的です。 
 
※植物は生き物のため日々成長します。樹形・仕立て方・樹高等が多少写真と異なる場合がございます。また、パソコンの設定により色が多少異なる場合がございますことを予めご了承下さいませ。
 
※育て方などについて、わからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。お問い合わせはコチラ
 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)















花のイメージです。